ハト撃退をする時の注意点 - 効果的なカラス駆除方法

ハト撃退をする時の注意点

ハトは住宅のベランダや庭先や屋根などにも巣を作って住みついてしまう事があります。もし住みつかれてしまうと巣を作られてその場所が汚れてしまいますし、住みつかれる事で糞や尿で衛生環境が著しく悪化してしまいます。



ハトは攻撃性の強い鳥ではないので、付近にいる人に直接的に危害を加える事はありません。



しかしハトが感染症持ち込む事で建物を使用している人や住んでいる人に健康被害が出る可能性があります。


そうならない為にもハトが住宅の付近に住みついたら速やかに撃退する事が大切です。


ハト撃退をする時に注意しなくてはいけない事はハトは鳥獣保護法によって保護されている動物なので、許可なく傷つけるような方法で撃退したり捕獲してはいけません。
そのため自分でハト撃退をする場合はベランダにネットを張って侵入を措置したり、光る物やハトの天敵である蛇などのダミーを置くような直接的にハトを攻撃しない方法でないといけません。

ハトも学習するので対策をしてもそれがダミーだと気づくと効果がなくなります。



自分でできる対策で解決できなかった場合はハト撃退をしてくれる専門の業者に相談する方が良いです。

業者は知識やスキルもありますし、設備も整っているので素人が市販の撃退グッズを使って撃退するよりも効果があります。また捕獲などをしないと追い払えない場合は業者が許可を得て行うので、決して自分で行ってはいけません。


業者によって料金などに差があるのでいくつかの業者に相談して比較して利用する業者を決めると良いです。