鳥獣保護法で保護されているハト撃退方法

ハトはベランダに巣を一度作られてしまうと毎年卵を産みにやってきてしまいます。

一度ここは安全だとハトが認識してしまうと巣を作ることはもちろんのこと、糞害に悩まされることになってしまいます。



糞をされるようになると掃除が大変になることはもちろん、毎日巣に帰ってくるようになるので、羽も舞うようになります。
ベランダに洗濯物が干せなくなってしまう前に、ハト撃退をするようにしましょう。しかし、ハトは鳥獣保護法で保護されている鳥になりますので、捕まえたり、傷つけたりすることが出来ないのがハト撃退の難しいところです。


ハトを傷つけることなく、巣を作らせないようにするためには、ベランダで巣を作りたくなくなる工夫が必要になります。
ポイントになるのは巣を作らせないことですが、まずはハトの糞を見つけるとこまめに掃除をするようにしましょう。
ハトは糞をしてみて誰か掃除をするか放置をするか観察しています。
そのままになっているようだとその場所を安全だと認識してしまいます。
ハトの糞を見つけたらこまめに掃除をすることがハト撃退に繋がります。

また、ベランダの手すりにハトがとまれないように工夫をするのも効果があります。


紐やテグスを張ってベランダの居心地を悪くします。
また、巣を隠してくれる物が溢れているとハトにとって魅力的に映ります。



ベランダに不要な物を出さないようにして綺麗に整理整頓をしておくようにしましょう。



物陰などを作らないことがハト撃退に繋がります。