ハト撃退は寄付かないようにするのが大切 - 効果的なカラス駆除方法

ハト撃退は寄付かないようにするのが大切

ハト撃退は当たらない程度の物理的な攻撃が効果的です。

例えばベランダに巣を作られた場合などは、巣の位置を変えるだけでハトが戻らなくなります。

鳥は臆病な動物なので、いきなり巣の位置が移動したりすると、危険を察知して寄りつかなくなります。


しかし集団でベランダに来るハトの場合は、別に巣があるわけではないので、他のアプローチを考える必要があります。

よくマスコミでハト屋敷などといって、ハトについて寛容過ぎる人を攻撃しますが、鳥というのは餌がある限り永遠にその場所に来るので、その人を攻撃するのではなく、その人がまいた餌をすぐに掃除してしまう方が効果的です。
ハト撃退は物理的には難しいのですが、餌をなくすことは簡単にできます。

またベランダに余計なものを置かないようにすると巣を作られることもなくなります。



マンションの場合は、ハトにとって居心地に悪い場所を作るようにします。
例えば、きれいに整頓されていて、何一つ無いベランダならば、餌が無いことがわかるのでハトは来ません。



しかし日が当たらず、巣を作るようなすき間が多い北側のベランダは気をつけないと、毎朝、ハトがきて、少しずつ巣を作るかもしれません。

一度巣を作ってしまうと、ハト撃退は難しくなります。


その場所で雛を産めば、飛べるようになるまで育てるので、不衛生になるだけでなく、ハトの数を増やして、近所の人にも間接的に迷惑をかける事になるので、気がついたら整理整頓をしてみましょう。