無線LANを自宅に構築するには

subpage1

無線LANを構築することで、家の中でwifiを利用することが出来、通信が安定して一度に大量の情報を取り込めるようになります。

しかしLANを自宅に設置するにもいくつかの手順があるのです。
無線LANの構築方法はフレッツ光などの電力系回線等のどれも同じです。

無線LANを自宅から飛ばすためにはまずwifiルーター等と呼ばれる機器が必ず必要になってきます。



固定回線を利用している家庭ならば家の中のどこかにルータといわれる機器があるのです。


このルータの無線バージョンの物が必要になります。安いものは3000から5000円程度の値段で販売されています。その次に設定用にスマートフォン又はパソコンが必要になります。


これは何でも良いです。
しかし可能であれば無線接続が可能なwifi対応のノートパソコンが一番良いです。

機器を接続するためにはNTT等の回線を専門とする人が手配してくれる機器とONU、wifiルーターをLANケーブルで接続します。
また自宅に構築するためにルータの設定が必要になります。



ルータの設定をするためには回線契約をした際にプロバイダから来る書類に記載してあるプロバイダ情報が必須です。
ルータの設定はメーカーによって変わってきますが、基本的に行う動作はどのメーカーの物でも同じです。
まずルータにある設定ボタンを長押しし、設定モードにします。

次にパソコンやスマートフォンで受信して設定画面に入ります。



最後にプロバイダ情報を入力するという流れです。

自宅に無線LANを構築するためにはこのような手順を用いて構築することが出来ます。

設定することで通信がより安定し、安心できるのです。